2019年9月16日(月)

ポラテック、名古屋工場稼働 配送拠点にも活用

2019/6/13 20:00
保存
共有
印刷
その他

住宅事業を手掛けるポラスグループの木材加工会社、ポラテック(埼玉県越谷市)は、名古屋工場(愛知県飛島村)の稼働を始めた。筋交いなどに使われる「羽柄材(はがらざい)」や合板などを加工する。初期投資額は約14億円で、羽柄材の生産能力は月産5000坪(1万6529平方メートル)、合板は月産3000坪(9917平方メートル)加工できる。

需要が旺盛な都市部に近いという利便性を生かして、物流拠点としても活用する。静岡県や滋賀県などで加工した柱などの構造材を保管し、都市部への小口配送を効率化する。物流用のラックを設けるなど、配送しやすい体制も整えた。臨海部に位置するため、海外から輸入する原材料の調達もしやすくなる。

ポラテックは柱や梁(はり)に使う木材をあらかじめ工場で加工する木材プレカット材最大手。柱など構造材は月産17万6000坪(58万平方メートル)の生産能力を持つ。名古屋工場のほか、国内で5工場が稼働している。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。