2019年8月25日(日)

埼玉県の景況感、2四半期連続のマイナス

2019/6/13 19:57
保存
共有
印刷
その他

関東財務局が13日発表した法人企業景気予測調査によると、埼玉県内の4~6月期の全産業ベースの景況判断指数(BSI)はマイナス16.9と2四半期連続で「下降」が「上昇」を上回った。前回調査(1~3月期)に比べ2.2ポイント悪化した。中国経済の減速や米中貿易摩擦による受注減少などが影響したようだ。

BSIは足元の景況が前期に比べ「上昇」と答えた企業の割合から「下降」と答えた企業の割合を引いた値。調査は5月中旬に実施し、314社から回答を得た。

業種別では、製造業がマイナス24.2で、前回から3.8ポイント改善したものの、2四半期連続のマイナスだった。非製造業は4.3ポイント悪化し、マイナス11.8だった。「中国で現地メーカーが不調」(自動車関連企業)などの声があった。

規模別では、大企業、中小企業でマイナス幅が拡大したが、中堅企業は13.1ポイント改善しマイナス1.4だった。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。