2019年8月18日(日)

山梨企業の景況感、マイナス幅が拡大 4~6月

2019/6/14 19:04
保存
共有
印刷
その他

甲府財務事務所が13日発表した山梨県の法人企業景気予測調査(4~6月)によると、足もとの景況感を示す4~6月期の景況判断指数(BSI)はマイナス19.5だった。1~3月期より17.1ポイントの悪化で、2四半期連続のマイナスとなった。

業種別では製造業がマイナス15.8で7.5ポイント改善した一方、非製造業はマイナス22.7で31.8ポイントの大幅な悪化だった。製造業は食料品や貴金属の需要が伸びたが、工作機械など生産用機械は中国からの受注が減少している。

規模別では、大企業がマイナス20.0、中堅企業がマイナス14.3、中小企業がマイナス23.1だった。全ての規模で1~3月期より悪化した。

先行きの景況感を示す7~9月期のBSIはマイナス3.7、10~12月期はマイナス1.2と徐々にマイナス幅が縮小している。赤平吉仁所長は「受注減は一時的で、下期は受注が上向くとの見方が多い」と述べた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。