/

この記事は会員限定です

医療機器の老舗 大研医器、若手で挑む再浮上

薬剤注入器、重さ10分の1 スマホとも連携

[有料会員限定]

医療機器の大研医器が従来と比べ重さを1割以下、大きさは半分以下に抑えた薬剤注入器を開発した。痛み止めなどの投与に使う。最先端部品やアプリを使い、患者や医療関係者の使い勝手も高めた。開発の原動力は若手の研究陣だ。同社は設立50年を超え主力の吸引器ではシェア75%を持つが、特許切れで苦戦する。柔軟な発想で生み出した新製品で再浮上を図る。(宮住達朗)

注入器は液状の薬剤などを一定のペースで投与する。新製品「エイ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1685文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン