2019年8月20日(火)

北電、洋上風力発電参入を検討 石狩市と連携協定

2019/6/13 19:44
保存
共有
印刷
その他

北海道電力は13日、石狩湾を開発候補地として洋上風力発電への参入を検討すると発表した。同日、再生可能エネルギーの開発促進に向けた連携協定を石狩市と締結した。石狩市は電力供給の100%を再エネ由来の電力で賄う企業団地「REゾーン」の整備を計画しており、その実現に向けても協力していく。

両者は(1)再エネの開発促進に向けた協力体制の構築(2)石狩湾新港地域「REゾーン」の実現に向けた手法の検討(3)再エネの利活用を軸とした産業の育成検討(4)地方創生につながる地域密着型ビジネス等の実現方策の検討――といった4項目について連携する。詳細は今後開く協議のなかで具体化していく。

電力会社と自治体との連携協定を巡っては、再エネ促進を地域経済の活性化につなげたい自治体側の思惑もあり、新電力事業者の北海道ガスが夕張市や上士幌町などと締結するなど、道内で急速に広がっている。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。