/

この記事は会員限定です

雷どこで? 発生場所、センサーで測定 高知工科大

[有料会員限定]

高知工科大学は雷が光る時に発生する音波を検知する小型センサーを開発した。音波の軌跡をたどり雷の発生場所を特定する。フィリピンの首都マニラの市街地に配置して実証実験を始めた。集中豪雨が相次ぐ同国の防災に役立てる。同大のお膝元である高知県でも実験する。5月、打ち上げに成功した民間ロケットに搭載した実績を武器に全国での実験を目指す。

箱形のセンサーは縦3センチ、横10センチ、奥行き12センチで重さ26...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1312文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン