2019年7月17日(水)

韓国企業、中国依存のリスク鮮明 リストラ相次ぐ
サムスン、現代自など

エレクトロニクス
自動車・機械
中国・台湾
朝鮮半島
北米
アジアBiz
2019/6/14 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ソウル=山田健一】韓国大手企業が中国での生産を相次いで見直している。現代自動車が今春、北京市の工場の操業を一部停止したほか、LG電子も米国向けの家電生産を中止した。サムスン電子は昨年末に生産を停止した天津市のスマートフォン工場に続き、広東省の工場でも人員削減の検討を始めた。これまで韓国企業は中国への依存度が特に高かったが、米中貿易戦争が追い打ちをかける形で、中国リスクが顕在化してきた。

「中国…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。