/

この記事は会員限定です

ロジウム上昇、1割高 供給不足懸念再燃

[有料会員限定]

自動車触媒に使う工業用貴金属、ロジウムの国際価格が上昇し2カ月ぶりの高値を付けた。供給不足懸念の再燃が背景だ。同じ用途のパラジウムも上昇しており、ロジウムを早めに調達する動きが表面化している。

ロジウムのスポット(随時契約)価格は1トロイオンス3160ドル前後と5月末から12%上昇した。3月に10年ぶり高値まで上昇した後に2800ドル台まで下落していた。

ロジウムなど触媒用貴金属の供給不足懸念が再...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り203文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン