2019年6月18日(火)

神奈川県、マンションの太陽光パネル新設に補助金

南関東・静岡
2019/6/13 19:10
保存
共有
印刷
その他

神奈川県は太陽光や水素など次世代エネルギーの促進事業を強化する。2019年度中にマンションなどへの太陽光パネル設置の補助金を新設するほか、燃料電池車用の水素ステーションを工場内に備える企業に導入費を補助する。普及を促し、分散型電源の割合を2030年度に45%にする県目標の達成を目指す。

マンションなど共同住宅に太陽光パネルを設置する際、費用の3分の1(最大100万円)を補助する。県内の太陽光パネル設置はこれまで戸建て住宅が中心だった。マンションなどは住民の同意が必要なため遅れているという。

水素ステーションへの補助は主にフォークリフト用を想定している。燃料電池のフォークリフトは公道の走行が認められておらず、街中の水素ステーションを利用できないため、工場内に供給設備を設ける必要がある。今後企業を選定し、最大2000万円を補助する。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報