京都・醍醐寺の修復費、クラウドファンディングで募集

2019/6/13 19:08
保存
共有
印刷
その他

世界遺産である醍醐寺とマクアケ(東京・渋谷)などは13日、醍醐寺が台風で受けた被害を修復するための費用をクラウドファンディングで集めると発表した。まずは第1期として13日から7月30日にかけて100万円を目標金額に募集する。年内をめどに3期に分けて合計600万円を募集する見通しだ。

支援者には返礼品として限定の御朱印や倒木からつくったしおりなどを送る(13日、京都市下京区)

支援はマクアケのサイト上で受け付ける。支援金額は3000円、1万円、3万円から選ぶ。支援した人には返礼品として、倒木から作ったしおりや支援者限定の御朱印、お守りなどが送られる。

醍醐寺では、昨年9月の台風で境内の樹木約3000本が倒木、土塀や屋根瓦なども損壊した。被害総額は4億6000万円に達する。壁瀬宥雅執行長は「その時代その時代の最先端の方法で醍醐寺を未来に伝えるのが役目だと思う。文化財に興味をもち、醍醐寺を助けようという気持ちに基づいた資金を集めたい」と語った。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]