民泊は「つなぎ」にすぎず 企業の見切り強まる
解禁1年 民泊のいま 首都圏では

2019/6/13 19:40
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「夏には全室をホテルに転換し、民泊は廃業する」――。不動産会社アートワールド(東京・杉並)の永田康洋社長は民泊施設の運営に見切りをつけた。東京都新宿区内のマンションで運営する民泊施設の一部で旅館業の許可を得て「ホテルエルミタージュ落合」を3月開業した。残りも順次転換を計画する。

民泊廃業を決めたのは住宅宿泊事業法(民泊新法)が定める「営業日数の上限180日では(収益を得るのに)足りないから」(永…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]