/

この記事は会員限定です

声あげても救われない ハラスメント被害者、再起に壁

[有料会員限定]

職場でのハラスメントの対策強化に向け、国が動き出した。だが実際に問題が起きたとき、被害者を支える仕組みはまだ整っていない。被害者がメンタルの不調に悩むケースも多い。安心して声をあげ、働き続けるための支援が求められている。

パワハラ相談者、35%がメンタルヘルスに不調

関西の企業で契約社員だった30代の女性は数年前、勤務先の男性役員からのセクハラに遭った。数カ月にわたってつきまとわれ、性的な言動を繰り返された。人事部に訴えたが対処してくれず、不...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1726文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン