/

この記事は会員限定です

トヨタ、EV・FCVの専門組織 2000人体制に拡充

[有料会員限定]

トヨタ自動車は13日、電気自動車(EV)や燃料電池車(FCV)の企画や製造を担う「トヨタZEVファクトリー」を7月から本部・社内カンパニーに格上げする組織改正を発表した。人員も約290人から2000人規模に大幅に増やす。EVなどの開発が進む中、製品化の動きを加速させる。

同日発表の7月1日付の組織改正、幹部人事に盛り込んだ。ZEVファクトリーはEV事業企画室を母体に昨年10月に設立されたが、7月からはFCVの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り312文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン