広島銀とひろぎん証券、共同店舗拡大、東広島や尾道

2019/6/13 17:57
保存
共有
印刷
その他

広島銀行は13日、証券子会社のひろぎん証券との共同店舗を拡大すると発表した。7月22日に同行西条支店(広島県東広島市)にひろぎん東広島支店を開業するほか、8月5日に尾道支店(同尾道市)、9月9日に広島西支店(広島市)に共同店舗を開く。銀証連携を推進する取り組みの一環で、共同店舗は合計で18店舗となる。

ひろぎん証券は東広島支店に13人、尾道支店に10人、広島西支店に13人の職員を配置する。相談ブースや株価ボードを設置し、顧客のニーズに合った商品を提供する。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]