2019年8月25日(日)

高島屋、原産国を違法表示 ブランド化粧品147点

2019/6/13 17:45
保存
共有
印刷
その他

消費者庁は13日、百貨店大手の高島屋が「シャネル」や「ディオール」など有名ブランドの化粧品のオンライン販売で、事実と異なる原産国をサイト上に表示したのは、景品表示法違反(原産国の不当表示)に当たるとして再発防止命令を出した。

同庁表示対策課によると、違法表示をしていた化粧品の種類は147点で、景表法違反と認定された1社当たりの販売商品としては過去最多。

高島屋は自社サイトで有名ブランド25社の147点について、パッケージの記載とは異なる原産国を表示。ディオールの韓国産ファンデーションを「フランス産」と表示するなどしていた。

高島屋の広報担当者によると、原因は取引先から誤った原産国を伝えられたり、原産国が変わったことに気付かず、誤った掲載を続けたりしたと説明している。

広報担当者は「みなさまにご心配とご迷惑をお掛けし、深くおわび申し上げる。再発防止の徹底に取り組んでいく」とコメントした。

昨年10月、商品を購入した顧客から高島屋に「原産国が違うのではないか」と問い合わせがあり、発覚。報告を受けた消費者庁が調査していた。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。