2019年6月17日(月)

セブン社長「営業時間短縮、オーナーに委ねる」
24時間営業や食品廃棄など加盟店てこ入れ

小売り・外食
2019/6/13 17:36
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

24時間営業への批判に伴う出店抑制や、実質的な値引き販売の検討など、コンビニエンスストアが転機を迎えている。セブン―イレブン・ジャパンの永松文彦社長は日本経済新聞社の取材に応じ営業時間の短縮は「フランチャイズチェーン(FC)加盟店のオーナーに委ねる」とした。社会や消費者の変化に伴い需要を掘り起こすことがさらに重要になると訴えた。

永松社長が強調したのは加盟店のてこ入れだ。人手不足に伴う人件費の高…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報