2019年9月15日(日)

オリパラ考

フォローする

スポーツ主役の街づくり 若手経営者、覚悟持ち挑戦
編集委員 北川和徳

2019/6/14 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

通販大手のジャパネットホールディングス(高田旭人社長)がJリーグのV・ファーレン長崎の本拠地となる新スタジアムを建設することは知っていたが、その具体的な計画を聞いて驚いた。

開業予定は4年後の2023年。場所はJR長崎駅から徒歩10分で、アリーナ、ホテルにマンション、マーケット機能、オフィス棟まで備えた「長崎スタジアムシティ」を整備し、スポーツを核に長崎の魅力をアピールする地域創生事業を展開する…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

五輪関連コラム

電子版トップスポーツトップ

オリパラ考 一覧

フォローする
JOCは五輪博物館を新設して情報発信を進める一方、理事会を非公開にして閉鎖性を強めている=共同共同

 日本オリンピック委員会(JOC)が新設した五輪博物館「日本オリンピックミュージアム」(東京都新宿区)が14日にオープンする。事前公開で観覧する機会があったが、五輪の歴史や意義を学んだり、ゲーム感覚で …続き (9/13)


 2020年東京五輪で実施される国際オリンピック委員会(IOC)選手委員の選挙に向け、日本オリンピック委員会(JOC)はフェンシングの五輪銀メダリスト、太田雄貴氏(33)を擁立する。
 大会参加選手の投 …続き (9/12)

ボクシング世界王者の村田諒太が製品開発に協力している=共同共同

 1956年創業の京都の西陣織の繊維メーカー、ミツフジ(三寺歩社長)は、生体情報を収集できるインナーウエアなどを手掛けて注目を集める。90年代から抗菌作用のある銀メッキ繊維を扱ってきたが、その導電性に …続き (9/6)

ハイライト・スポーツ

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。