2019年6月27日(木)

ブロックチェーンを考える(5) 偶然を掘り当てる「マイニング」
中央大学教授 岡嶋裕史

やさしい経済学
コラム(経済・政治)
2019/6/14 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

前回の記事で、ブロックチェーンが持つ「不正ができない仕組み」の主要な要素にP2Pがあることを述べました。みんなが見ているから、透明だから不正がしにくいのでした。しかし、本当に透明なだけで不正が防げるでしょうか? みんなが見ることができても、みんなが無関心であれば、不正を見過ごしてしまうかもしれません。選挙権があっても、選挙に行かない人がいるのと一緒です。

まして、ブロックチェーンの検証には膨大な…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報