2019年8月19日(月)

トヨタ社長の10年、変革道半ば 収益増も強まる危機感

2019/6/13 16:42
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

トヨタ自動車の豊田章男社長の在任期間が11年目に突入した。13日、愛知県豊田市の本社で開いた定時株主総会の冒頭で、豊田社長は日本企業で初めてとなる売上高30兆円を達成したことに触れて「関係する人々の(創業からの)80年の努力が実を結んだ結果で感謝したい」と述べた。就任前の初の営業赤字や、就任直後の米国発のリコール問題の対処に奔走した10年前から今は次代のトヨタをにらんだ変革を主導する。発言から1…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。