産官学連携のこれから、名大学長と中経連会長に聞く
(中部発スタートアップ最前線)

2019/7/1 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「不毛の地」から「肥沃の地」へ――。スタートアップが中部で育ち、根付くための課題を内閣府の総合科学技術・イノベーション会議の議員を務める名古屋大学の松尾清一学長と、中部経済連合会の豊田鐵郎会長に聞いた。

■松尾清一名大学長「大学単独では限界、地域ぐるみで」

――スタートアップの集積に向け名大の役割は。

「名大からうまれたスタートアップは過去3年で27社増えた。増加数ではようやく国内の他の大学並みに…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]