キリンビール、クラフトビールでサブスクリプション

2019/6/13 16:28
保存
共有
印刷
その他

キリンビールは13日、都内の銀座にあるクラフトビールの直営店で平日1杯、月2496円のサブスクリプション(定額課金)サービスを17日から始めると発表した。同社によるとクラフトビールの月額課金は全国で初めて。企業の働き方改革の推進で社員が柔軟な働き方をする動きに対応、仕事終わりに有意義な時間を過ごしてもらう。

クラフトビールを平日1日1杯飲めるサブスクリプション(定額課金)サービスを始める(スプリングバレーブルワリーの銀座店)

クラフトビールの専門店を運営する子会社、スプリングバレーブルワリー(SVB、東京・渋谷)が銀座店に限って始める。1杯250ミリリットルを最大17種類から選べる。2杯目以降や料理は通常料金。会員制で13日からサービスの受け付けを始めた。主に銀座周辺で働く20歳代~40歳代でクラフトビールに興味や関心のある消費者の利用を見込む。

SVBはfavy(東京・新宿)の定額課金の仕組みを使う。人数制限などは設けず、1000人程度の利用を見込む。

同日、現地で記者会見を開き、SVBの島村宏子社長は「クラフトビールに触れる機会を増やすことでクラフト市場の拡大につながれば」と話した。

(後藤健)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]