クラス分けや採点はAIで 先生助ける「学校テック」

2019/6/15 4:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

学校の先生が忙しい。新学期のクラス分けやテストの採点――。授業以外にも多くの仕事を抱え、中学校教諭で1週間あたりの勤務時間は10年前に比べ約5時間増えている。その仕事を助けようと、スタートアップ企業が立ち上がった。AI(人工知能)などを駆使した「学校テック」の最前線を探った。

先生にとって悩ましい仕事の1つがクラス分けだ。「性格が合わないA君とB君を同じにすると問題を起こしそうだな」。1月、都内…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]