/

この記事は会員限定です

母子情報、電子で管理 「手帳」を補完

[有料会員限定]

厚生労働省は2020年度にも、地方自治体が妊娠や子育て中の母子の健康情報を電子管理できるようにする。紙の母子健康手帳を補完し、母親が手帳をなくした場合、自分でも健診情報を継続して確認できる。厚労省は研究機関などと組み、集積したデータの活用も検討する。

母子の健康情報は現在、自治体が交付する母子手帳で管理している。母子手帳を紛失すると、予防接種歴などの情報が確認できないおそれがある。東日本大震災後に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り479文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン