/

日経高配当株50、長谷工など8銘柄を採用

日本経済新聞社は、日経平均株価の構成銘柄のうち配当利回りの高い50銘柄で算出する株価指数「日経平均高配当株50指数」について、銘柄の定期見直しにより6銘柄を除外し、新たに8銘柄を採用する。昨年7月以降、古河機械金属と昭和シェル石油を除外し48銘柄で算出してきたが、入れ替え後は50銘柄に戻る。28日から新銘柄で算出する。

銘柄は5月末の予想配当利回りをもとに選んだ。

入れ替え後の構成銘柄から試算した予想配当利回り(各銘柄の構成比で加重平均)は、5月末時点で4.80%だった。

【採用】長谷工住友化、DIC、出光興産東海カ、JFE、ヤマハ発、シチズン

【除外】トレンド、コニカミノル浜ゴムトヨタ東エレクソニーFH

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン