/

この記事は会員限定です

トヨタ、役員報酬10%減 危機感共有狙い

[有料会員限定]

トヨタ自動車は2019年度の取締役や執行役員の賞与を含めた年間の報酬を想定額より10%引き下げる。自動運転や電動化など「CASE」の分野で技術革新が進み業界全体の競争軸が変わる中、会社が置かれた状況への危機感を一層強めてもらう狙いがある。

役員については報酬全体の算定基準の見直しを進めている。13日の株主総会...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り149文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン