2019年7月20日(土)

エイブリック、工場の製品管理システム 探索時間半減

エレクトロニクス
2019/6/13 11:58
保存
共有
印刷
その他

アナログ半導体メーカーのエイブリックは、工場内の製品管理に帝人が提供するICタグを活用した所在管理システムを導入したと発表した。実際に運用を開始し、製品ロットの探索時間を約50%削減できたという。他の施設にも導入し、システムのさらなる活用を図る。製品の持ち出し時間などを分析し、生産性の向上や業務効率化に役立てたい考えだ。

エイブリックと帝人は、帝人のRFID(無線自動識別)管理タグ「レコピック」を活用し、約1年かけて所在管理システムを開発した。管理したい対象物にICタグを貼り付けるだけで、入出庫や位置情報を調べられる。ICタグを使うので、バーコードを読み取る作業も不要になる。既存の棚や施設に後付けでき、使い勝手も良い。

エイブリックの製造拠点である高塚事業所(千葉県松戸市)に導入し、製品の探索時間を半減できた。ピッキング作業のミス防止にもつなげられると期待する。

製造現場では人手不足が深刻化しており、コスト削減や業務効率化のニーズが高まっている。帝人は今回の実績を生かし、課題解決型のサービス展開を図るという。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。