/

障害者施設で入所者暴行死 大阪・茨木、容疑の職員逮捕

(更新)

大阪府茨木市の社会福祉法人「慶徳会」が運営する障害者施設「障がい者サポートセンターしみず」で3月、入所者の無職の男性(30)に暴行を加え死亡させたとして、大阪府警捜査1課は13日、施設職員で介護福祉士の伊住祐輔容疑者(40)=同府箕面市今宮3=を傷害致死の疑いで逮捕した。同課によると「腕をつかむなどしたが、けがをさせることはしていない」と容疑を否認している。

「障がい者サポートセンターしみず」(13日午前、大阪府茨木市)=共同

逮捕容疑は3月22日午後11時~23日午前1時15分ごろ、施設内で入所していた男性の腹部に膝を乗せたり頸(けい)部を圧迫したりする暴行を加え、同月24日に搬送先の病院で死亡させた疑い。男性は胸や腹など複数の箇所に打撲があったほか、喉の付近の骨が折れるなどしていたという。

同課によると、男性は同月22日午後4時すぎ、1泊2日の予定で施設3階の個室に入所。同8時から伊住容疑者と50代の女性職員の2人で、男性を含め4人の入所者を介助していた。

センターによると、被害者の男性は知的障害があるものの、簡単な意思疎通は可能という。

伊住容疑者の逮捕前の任意聴取などによると、男性は消灯時間になっても寝付かず廊下に出るなど徘徊(はいかい)を繰り返していた。以前に入所した時に同じ階の別の部屋では眠りに就いたと聞いていたためそこに布団を移動。「引き倒して覆いかぶさったり腹部に膝を乗せたりしておとなしくさせようとした」という。

伊住容疑者は同月23日午前1時15分ごろ、休憩していた女性職員に「様子がおかしい」と伝え、同職員が布団の端であおむけに倒れた男性を発見。声をかけても反応がなく119番したが、翌24日に搬送先の病院で死亡が確認された。消灯までに別の職員が風呂に入れるなどした際には男性の体に皮膚変色などの異常はみられなかったという。

センター幹部によると、男性は2~3年前から年に数回利用していた。伊住容疑者は10年以上勤務しているが、男性の担当をしたのは事件が起きたとされる日が初めてだったという。幹部は容疑者について「勤務態度はまじめで同僚からもアドバイスを求められる存在。クレームもこれまでに聞いたことはなく、信じられない」と話した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン