2019年8月20日(火)

医薬品無許可販売で実刑 松山、健康食品会社社長

2019/6/13 11:09 (2019/6/13 11:39更新)
保存
共有
印刷
その他

高齢者に無許可で医薬品を販売したとして、医薬品医療機器法違反や詐欺などの罪に問われた松山市の健康食品販売会社「オハナ生活倶楽部」(破産手続き中)社長の橋本哲被告(64)に松山地裁(末弘陽一裁判長)は13日、懲役3年6月、罰金200万円(求刑懲役5年、罰金300万円)の判決を言い渡した。

末弘裁判長は判決理由で「高齢者を言葉巧みに信じ込ませて正しい医療を受ける機会を奪い、高額な医薬品を販売したのは悪質。主導的な役割を果たしていた責任は重く、被害者に対する返金のめどは全く立っていない」と述べた。

判決によると、2016~18年、愛媛など西日本の8県の36人に無許可で医薬品約700個を約2500万円で販売。16~17年には広島市の支店などで23人から元本保証をうたい計5100万円を集めた他、18年には「配当金がどんどん入る」などと言い、高齢女性から計500万円を詐取した。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。