/

オプテージなど、移動体通信のAIネットワーク化実験

日経クロステック

東京大学大学院情報学環中尾研究室、オプテージ(大阪市)、シャープの3者は2019年6月12日、次世代移動体サービスに関する通信ネットワークのセキュリティー高度化などに向けた実証実験を19年8月に開始すると発表した。

東京大学大学院情報学環が開発したSDN(ソフトウエア・ディファインド・ネットワーク)とNFV(ネットワーク・ファンクションズ・バーチャリゼーション)に対応したプログラマブル・ネットワーク・ノード「FLARE」をオプテージが提供する携帯電話サービス「mineo」のネットワーク上に構築する。端末には、シャープが開発した「FLARE」への接続モジュールを実装したスマホを利用する。

実証実験のイメージ(発表資料から)

この実証実験では、端末から送られる通信パケットに実験用のタグを付与し、タグ情報を元とした端末やアプリケーション毎のトラフィック、通信パターンなどを人工知能(AI)が学習する。これにより、トラフィックの内容識別、分類を行う。

3者は5G(第5世代移動通信システム)を見据えて、高度なセキュリティーサービスの実現やユーザー体験の向上など、付加価値の高い移動体通信サービスに必要な技術の実現性を検証する。

mineoなどのモバイルネットワークは、AIを用いた将来のネットワークインフラにより、例えばスマホの利用において、予想しないトラフィックが発生したことを即座に検知し、自動的にブロックするなど、セキュリティー対策がされていない利用者に対して、安全なネットワークやサービスを提供することが可能となるという。

(日経 xTECH/日経ニューメディア 田中正晴)

[日経 xTECH 2019年6月12日掲載]

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン