2019年6月18日(火)

6/18 8:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 市場が期待するパウエル議長の「満額回答」(NY特急便)[有料会員限定]
  2. 2位: ニコン、「工作機械で成長」の勝算[有料会員限定]
  3. 3位: 日立、攻めの投資 資本効率を重視
  4. 4位: 強まる利回り株志向 次の「武田」「日産」探し[有料会員限定]
  5. 5位: 親子上場を問う 日本238社、英米は消滅(ルポ迫真)[有料会員限定]

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,124.00 +7.11
日経平均先物(円)
大取,19/09月 ※
21,070 +40

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

川内原発の設置許可取り消し認めず 福岡地裁判決[映像あり]

JICA イラク製油所に1100億円支援

6月17日(月)13:00

トップに聞く[映像あり]

クボタ 社長 木股 昌俊

6月17日(月)09:50

[PR]

株主総会ニュース

フォローする

トヨタ社長「モビリティー社会切り開く」 株主総会本格化
株主の目、厳しさ増す

株主総会
自動車・機械
2019/6/13 10:26
保存
共有
印刷
その他

トヨタ自動車の株主総会に向かう株主ら(13日午前、愛知県豊田市)

トヨタ自動車の株主総会に向かう株主ら(13日午前、愛知県豊田市)

2019年3月期決算企業の株主総会が今週から本格化する。13日はトヨタ自動車が愛知県豊田市の本社で株主総会を開き、豊田章男社長は「将来のモビリティー社会を株主の皆様と、切り開いていきたい」と語った。世界経済の不透明感が増し、今年の総会ではトップのかじ取りを問う株主の声も強まる。株主提案を受けた企業数も58社と過去最高となり、株主の目は厳しさを増している。

トヨタの総会には過去最高の5546人の株主が出席した。売却条件のある現物株を付与する「譲渡制限付き株式報酬」導入に合わせた役員報酬枠の拡大など、会社提案の4議案が可決された。

売上高は日本企業で初めて30兆円を超え、本業は好調だ。ただ、自動車産業全体では自動運転や電動化など「CASE」の分野で技術革新が急速に進む。株主からはトヨタの取り組みへの質問があった。高齢者の事故が増えているため、安全性への質問も多かった。

東京証券取引所によると3月期決算企業の総会集中日は27日。パナソニック三菱地所など全体の3割に当たる719社が予定する。上場企業の業績が全体で減益となり、不振企業には経営責任を問う声も強まる。

筆頭株主の仏ルノーが定款変更議案への棄権を示唆した日産自動車(25日)や、買収の是非が焦点の武田薬品工業(27日)などが注目される。

機関投資家が個別議案の賛否について開示するようになり、議案への反対票は増えている。株主提案に対しても「論理的な提案には反対を表明しづらくなっている」(琴平綜合法律事務所の渋谷展由弁護士)という。

株主総会ニュースをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム