/

全てを疑う「ゼロトラスト」 国内で対応製品発売

日経クロステック

パルスセキュアジャパン(東京・港)は2019年6月12日、「ゼロトラスト」セキュリティーを実現する「Pulse SDP(ソフトウエア・ディファインド・ペリメーター)」を発売する。ゼロトラストとは文字通り、何も信じず「全てを疑う」セキュリティー対策を指す。社内LANを安全なものとした前提で設計する従来からのセキュリティー対策と異なり、社内LANやインターネットなど問わず全てのユーザーを怪しいものとして対策する。

セキュアアクセス製品「Pulse Access Suite(パルス・アクセス・スイート)」シリーズに新製品として追加する。Pulse Access Suiteはモバイル環境から社内システムなどと安全に通信する同社の主力製品群。

米パルスセキュアのスコット・ゴードン最高マーケティング責任者(CMO)はPulse SDPについて、「パブリッククラウドやプライベートクラウド、オンプレミス(自社所有)などに情報資産が点在するハイブリッド環境でも、システムを安全に管理できる」と説明する。Pulse SDPはコントローラーとクライアント、ゲートウエイの3つの機器で構成し、アクセスしたユーザーの属性やデバイスなどの情報をチェックし、それらを総合的に判断して、アクセスを許可するサーバーやアプリケーションを決める。

米パルスセキュアは米国では19年2月にPulse SDPを発表済み。日本では代理店であるマクニカネットワークス(横浜市)とソフトバンク傘下のSB C&S(東京・港)、ジェイズ・コミュニケーション(東京・中央)らが6月12日から販売する。価格はオープン。

米パルスセキュアは14年に、米ジュニパーネットワークスの一部事業が独立して発足した。日本法人の設立は15年。ジュニパーネットワークス時代を含め、世界で2万社以上の顧客を抱えるという。

(日経 xTECH/日経コンピュータ 鈴木慶太)

[日経 xTECH 2019年6月12日掲載]

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン