2019年6月19日(水)

北朝鮮、石油密輸で制裁破り 米代表部が安保理に通告

朝鮮半島
北米
2019/6/13 8:28
保存
共有
印刷
その他

【ニューヨーク=大島有美子】米国の国連代表部は、北朝鮮が国連安全保障理事会の制裁決議で定められた上限を超えた石油精製品を密輸で入手しているとの報告をまとめた。安保理外交筋が明らかにした。11日付で安保理の北朝鮮制裁委員会に文書を提出した。

安保理の制裁決議は北朝鮮への石油精製品の供給上限を年間50万バレルに定めている=ロイター

外交筋によると、報告文書は日本やフランス、ドイツなど25カ国超が署名した連名文書となっている。北朝鮮の非核化に向けた圧力を維持するため、文書では「制裁を弱体化させる石油の密輸を直ちに停止するよう、国際社会が行動しなければならない」と強調した。

安保理の制裁決議は北朝鮮への石油精製品の供給上限を年間50万バレルに定めており、各国は北朝鮮への石油精製品の供給量を毎月制裁委に報告するよう義務づけられている。中国とロシアは制裁上限を下回る量の供給報告があった。

だが北朝鮮は海上で積み荷を移し替える「瀬取り」の手法を使って石油精製品を72回密輸。その結果、18年の北朝鮮への供給量は制裁上限を大きく上回ったという。米国は今後もこうした動きが継続すると懸念している。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報