米ウォルマート、傘下のネット通販「ジェット」を統合

2019/6/13 7:38
保存
共有
印刷
その他

【ニューヨーク=清水石珠実】米小売り最大手ウォルマートは12日、傘下のネット通販「ジェット・ドット・コム」を本社のネット事業に組み込む戦略を明らかにした。2016年の買収以来、独立部門として運営してきたジェットだが、業績が伸び悩んでいることを受けてテコ入れする。同社はアマゾン・ドット・コムに対抗するため、ネット事業の強化を最重要課題に据えている。

米ウォルマートは傘下のネット企業にテコ入れする=ロイター

ジェットの創業者であるマーク・ロア氏は現在、ウォルマートのネット部門を統括する立場にある。ロア氏は同社のブログでジェットの知名度の低さが全米での成長の足かせになっていたと説明した。今後は、ジェットのブランド名は都市部向けのサービスにのみ使用。そのほかの地域では、ウォルマートの統一名でネット事業を拡大する。

ジェットの従業員はすべてウォルマート側に統合し、同部門を率いるサイモン・ベルシャム社長は8月上旬に退任する。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]