2019年6月19日(水)

ベネズエラ、高額紙幣発行へ 最高額100倍に引き上げ

中南米
2019/6/13 5:58
保存
共有
印刷
その他

【サンパウロ=外山尚之】ベネズエラ中央銀行は12日、3種類の高額紙幣を導入すると発表した。最高額を一挙に100倍に引き上げる。同国は2018年8月にインフレ対策として通貨の単位を5ケタ切り下げるデノミを実施したが、年率81万%のハイパーインフレのなか、現状の紙幣では支払いに対応できないケースが増えていた。

新紙幣は1万ボリバルソベラノ(Bs、約167円)、2万Bs、5万Bsの3種類で、13日から流通を開始するとしている。これまでの最高額は500Bsだった。現地からの情報によると、ハイパーインフレで首都カラカスでは1斤のパンが6000Bsになっており、紙幣不足が商取引に支障をきたしていた。

ベネズエラでは近年、インフレに紙幣発行のペースが追いつかず、決済にはデビットカードやネットバンキングを使ったキャッシュレス化が進んでいた。しかし足元では停電や通信環境の悪化により、再び紙幣の重要性が増しているという。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報