/

この記事は会員限定です

父権社会に変化 女性活躍、500兆円の潜在力

アジアが超える 多様性を生かす(2)

[有料会員限定]

日の出前の5時。インド人女性、ネーハ・チャウダリーさん(35)はデリー空港に出勤する。仕事は新興のビスタラ航空のパイロット。午前中に国内線に搭乗し、午後は家族と過ごす。「飛ぶのは楽しく収入も良い」と仕事に満足する。

カーストなどの慣習が色濃く残り、働く女性は2割と極めて低い水準のインドで女性パイロットが増えている。国内の航空旅客数は4年で倍増。深夜勤務には護衛付きで女性職員を送迎するなど航空各社は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1014文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン