2019年6月17日(月)

中国、悲願の国産半導体 CXMTがDRAM量産へ
米とのハイテク覇権争い激しく

米中衝突
エレクトロニクス
中国・台湾
北米
アジアBiz
2019/6/12 20:43
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【台北=伊原健作、北京=多部田俊輔】中国で年内にも、中国企業により国産化した半導体メモリーDRAMの量産が始まる見通しだ。国策会社の長鑫存儲技術(CXMT)で量産のメドが立った。中国企業による半導体国産化を巡っては別の国策会社の計画が昨年、米国の横やりで頓挫したばかり。中国が悲願の半導体国産化に向け、手を緩めない姿勢が浮き彫りになった格好だ。米国との攻防激化は必至だ。

CXMTは国策メモリー3社…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報