2019年7月20日(土)

公明代表、下村氏を批判 改憲目的の大連立発言

政治
2019/6/12 21:00
保存
共有
印刷
その他

公明党の山口那津男代表は12日のインターネット番組で、憲法改正を目的とした大連立に言及した自民党の下村博文憲法改正推進本部長を重ねて批判した。「公明は閣僚を出すことによって、連立政権の重い責任を自民党と分かち合っている。軽々しく言うのはいかがなものか」と話した。

改憲発議について、国会議論の成熟が必要だと強調。「無理やり数をまとめて、多数決で押し切る進め方ではいけない」と指摘した。

〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。