/

この記事は会員限定です

北陸の高速バス快走 「直通」武器に集客、訪日客にも人気

[有料会員限定]

北陸の交通事業者の高速バス事業が好調だ。富山地方鉄道(富山市)は北陸新幹線の開業に伴い直通の特急列車が減少した富山―名古屋線が伸び、2019年3月期の同事業の売上高が7%伸びた。北陸鉄道(金沢市)は訪日外国人に人気の金沢―高山線が貢献し、同期の乗客数が6.4%増えた。人口減で各事業者の全体の売り上げが伸び悩む中、成長が続く。

「長距離移動でも目的地によっては鉄道よりバスが便利、と分かってもらえるよ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1232文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン