/

この記事は会員限定です

長崎県の観光施策、企業支援を軸に 誘客から転換

[有料会員限定]

長崎県は観光客誘致が中心だった観光振興策を転換し、2019年度から観光関連企業の支援や人材育成などに軸足を置く。県内の製造業の育成などで取り組んできた手法を採用する。造船業が海外との競争激化で厳しいため、観光産業を育成し、地域経済のテコ入れを図る。

19年度当初予算で観光活性化のため3億5千万円ほど計上した。県内の宿泊施設や地元の飲食店、食品会社、農林水産業者の3社以上が組めば、事業費の半分を最大...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り823文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン