2019年6月19日(水)

ホンダ、インド排ガス新規制に対応 スクーター発売

自動車・機械
南西ア・オセアニア
アジアBiz
2019/6/12 19:56
保存
共有
印刷
その他

【ニューデリー=早川麗】ホンダは12日、インドで2020年4月に導入される新しい排ガス規制に対応したスクーターを発表した。独自技術を使った改良エンジンを搭載して排ガスを削減。エンジン部品の軽量化や摩擦低減で燃費効率も高めた。同社として新規制に対応した第1弾の二輪車で、今秋までに発売する。

ホンダは新規制対応のスクーターを秋までに発売する(12日、ニューデリー)

ホンダは新規制対応のスクーターを秋までに発売する(12日、ニューデリー)

インドでは来春から「バーラト・ステージ6(BS6)」と呼ぶ排ガス規制に移行する。20年に欧州で導入される「ユーロ5」に相当する内容で、世界的に見ても厳しい排ガス規制となる。未対応の二輪車は来春から売れなくなるため、各社は対応を迫られている。

ホンダが発表したのは主力の「アクティバ125」。価格は明らかにしなかったが、二輪車の生産販売を手がけるホンダインド法人の加藤稔社長は「現行車より10~15%高くなる見通し」と述べた。一方で燃費効率が10%向上するため、燃料費を節約できるという。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報