2019年6月19日(水)

保証承諾、6年ぶり増加 埼玉県信用保証協18年度

南関東・静岡
2019/6/12 19:18
保存
共有
印刷
その他

埼玉県信用保証協会が12日発表した2018年度の事業実績によると、保証承諾の総額は17年度比9%増の2750億円だった。協会の保証がつかない金融機関の「プロパー融資」と組み合わせた連携型の協調融資保証などの利用が伸び、6年ぶりの増加となった。

保証承諾額を業種別にみると、最も多い建設業は892億円で10.4%増えた。サービス業(14.7%増)や製造業(7.7%増)なども増加が目立った。近年は低金利の長期化で保証料を割高に感じる中小企業が増えていたが、利便性の高い保証制度の拡充などもあり、利用が増えた。

18年度末の保証債務残高は7746億円で6.7%減った。減少は9年連続だが、保証承諾の増加に伴って減り幅は鈍化している。

同協会が債務を肩代わりする代位弁済の18年度の総額は5.3%減の150億円だった。同協会は「景気が緩やかな回復基調にあったことや経営課題を抱える企業の支援を強化したことで一定の効果が出た」とみる。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報