/

この記事は会員限定です

関西みらいFG、一部店舗を個人特化型に切り替え ATMも15%減

[有料会員限定]

関西みらいフィナンシャルグループ(FG)が構造改革を前倒しする。2021年3月期までに店舗の一部を個人営業の特化型に切り替える。営業担当も増員し、金融商品などの顧客ニーズを捉えて収益機会を増やす。統廃合する店舗は計画の40店から上積みを検討するほか、ATMも15%程度減らす。政府の成長戦略では10年間で地銀の再編を促す方針。構造改革が不可避になっている。

4月に旧近畿大阪銀行と旧関西アーバン銀行が合併して誕生した関西みらい銀行が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2303文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン