ルックHD、イタリア社を買収

2019/6/12 19:02
保存
共有
印刷
その他

アパレル大手のルックホールディングスは12日、革製品ブランド「イルビゾンテ」を手掛けるイタリアのビゾンテ・イタリア・ホールディングを完全子会社化すると発表した。取得額は約109億円。ルックは1999年に同ブランドの国内独占輸入販売を始め、社内で最大規模の収益事業となった。国内でブランドを育てた手法を海外市場にも展開し、長期的な収益の拡大をめざす。

ビゾンテ社は欧米やアジアなどでバッグや財布などの革製品を手掛け、2018年12月期の主要事業の売上高は3518万ユーロ(約43億円)。

ルックHDの18年12月期の売上高は440億円で、イルビゾンテは最大規模の収益事業だ。東京・銀座や大阪・梅田などに同ブランドで約40店を展開する。大手セレクトショップへの卸売り事業や、インターネット通販サイトの開設などを通じて、認知度を高めてきた。独占輸入販売契約は20年までのため、買収で今後も同事業を長期的に安定運営する狙いもある。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]