2019年6月21日(金)

さいたま市、若年者対象に 短期間の就労体験

南関東・静岡
2019/6/12 19:20
保存
共有
印刷
その他

さいたま市は若年者の就労を促進するため、短期間企業で働く新しいインターンシップ制度を導入する。ビジネスマナーなど10日間の座学研修後、中小企業に参加者を3~5日間派遣する。他に希望者にはパソコン研修もする。実習先企業での正規雇用を後押しするほか、中小企業の人材確保にもつなげる。

正規雇用を希望する39歳以下の若年者が参加できる。これまでも企業に約1カ月間派遣する事業をしていたが、参加者数に限りがあった。今年は期間を短くすることで、昨年より約2倍の45人がインターンシップに参加できるほか、同じ人が複数の企業で実習できる。企業が負担していた紹介手数料も今年は不要とする。正規雇用者を募集する企業も制度を利用しやすくなる。

参加費は無料で、実習先でのインターンシップでは1日につき1000円が支給される。7月に研修を受けられる第1期の募集は、21日まで受け付ける。

市は別途、女性や40歳以上向けの就業体験付きのスキルアップ講座も実施する。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報