/

コナミ、PCエンジンを復刻販売

コナミデジタルエンタテインメントは12日、1987年に発売された家庭用ゲーム機「PCエンジン」の復刻版を発売すると発表した。80年代後半から90年代前半に発売されたゲームのタイトルを複数収録する。色や形は当時のままにし、本体の大きさをひとまわり小さくした。当時遊んだ世代を中心にその家族も一緒に楽しめるようにする。発売時期や価格は明らかにしていない。

色や形を当時のままにし、ゲームタイトルを複数収録する

「PCエンジン mini」を発売する。収録を予定するゲームは「スーパースターソルジャー」「THE 功夫(ザ クンフー)」「PC原人」など。収録タイトルは今後、発売まで追加で発表していく。

PCエンジンは当時、NECホームエレクトロニクスとハドソンが共同で開発した。今回、商標を持つコナミやビッグローブが協力して販売する。北米や欧州でも色や形、収録タイトルの異なるPCエンジンを発売する予定だ。

近年、一昔前のゲーム機の復刻販売が相次いでいる。任天堂は16年に「ファミリーコンピュータ」の復刻版を発売。ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)は18年に初代「プレイステーション(PS)」の復刻版を発売した。当時のファンだけでなく若いユーザー層も取り込み販売を伸ばしている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン