2019年8月20日(火)

JDI月崎社長、9月末辞任 白山工場は当面停止

2019/6/12 18:35
保存
共有
印刷
その他

経営再建中のジャパンディスプレイ(JDI)は12日、月崎義幸社長(59)が9月末で辞任し、後任に菊岡稔・常務執行役員(56)が就く人事を発表した。経営不振の責任を取る。あわせて7月から主力の白山工場(石川県白山市)の稼働を止めることも発表した。スマートフォン向け液晶パネルの需要低迷を受け、当面は茂原工場(千葉県茂原市)などに生産を集約する。

10月1日付でジャパンディスプレイ(JDI)の社長に就任する菊岡稔・常務執行役員

日立製作所出身の月崎氏は車載事業の責任者としての実績などを評価され、18年6月に社長に就任。19年3月期の黒字転換を目指したが、米アップルのiPhone(アイフォーン)向けパネルの発注削減などで目標を達成できず、1年3カ月余りでの交代となる。

アップル向けのパネルを生産する白山工場は2016年末に量産を始めたが、液晶パネルの販売不振から稼働率が低下していた。今後の需要動向を踏まえ、9月末までに再稼働の有無を判断する。再稼働しない場合は補助金の返済など追加負担が発生する恐れがある。

JDIは同工場について19年3月期に747億円の減損損失を計上したが、20年3月期に追加の減損損失を計上する可能性がある。

茂原工場で後工程を担う一部ラインを9月に閉鎖する方針も示した。

人員削減は9月末までを予定日として単独従業員の3割弱にあたる1200人の希望退職を募集するほか、関連会社のJOLED(ジェイオーレッド)への転籍なども進める。人件費などの費用削減効果は年間で200億円を見込む。

JDIは5月15日の決算発表で、1000人規模の人員削減などについて6月までに発表するとしていた。台湾電子部品メーカーなど台中3社連合から予定する最大800億円の金融支援受け入れを前に、人員削減の積み増しや工場停止で固定費の削減策を強化する。

3社は金融支援について、14日までに役員会などの機関決定にはかるとJDIに通知。JDIはこれを基に支援受け入れなどを決議する臨時株主総会を7~9月に開く予定と発表した。ただ関係者の間で詰めの作業が続いており、支援計画が実現するか予断を許さない状況が続いている。

菊岡 稔氏(きくおか・みのる)86年(昭61年)東大法卒、日本興業銀行入行。17年ジャパンディスプレイ入社、19年常務執行役員。東京都出身

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。