[社説]脱法留学生ビジネスを断て - 日本経済新聞
/

この記事は会員限定です

[社説]脱法留学生ビジネスを断て

[有料会員限定]

東京福祉大(東京・豊島)で1600人もの留学生が所在不明になっていることが、文部科学省などの調査で分かった。

大学の正規課程の定員外である「学部研究生」という募集枠を留学生の受け皿にしていた。十分な教育を施さず不法就労の隠れみのになっている実態が浮かんだ。

同省は、ほかにも同様の事例がないか調査を継続し、在籍管理が不適切な大学の留学生には在留資格を与えない新制度を導入する方針を示した。だが、それ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り578文字

春割ですべての記事が読み放題
有料会員が2カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません