/

この記事は会員限定です

兼業副業、広島県福山市の事例を大学院が検証へ

[有料会員限定]

政府も奨励する兼業副業人材をいち早く受け入れ、実績を上げつつある広島県福山市が取り組みを加速させている。これまでの5人に加え、新たに国際会議や展示会など「MICE」誘致のプロを採用、5日に委嘱式を開いた。先進事例としても注目され、今秋には東京の大学院が研究に乗り出すことが決まった。

「働き方改革が進んでいるが、まだまだ8割の企業が『兼業副業は受け入れたくない』というのが実態。全国から民間人を受け入...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り991文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン