欧州、広がる50年排出ゼロ 環境意識の高まりで
日米との乖離も

2019/6/12 18:27
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ブリュッセル=竹内康雄】欧州で温暖化ガスの排出を2050年に実質ゼロにする動きが広がってきた。フランスやドイツが動き出したのに続き、英政府が11日、近く法制化する方針を発表した。欧州では環境対策を拡充すべきだとの世論が強まっており、各国に対応を促した形だ。日米など先進国より踏み込んだ目標になるが、実現には多額の投資が必要になるなど、ハードルは高い。

「我々の子供のために環境を守るため、今こそ先…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]