2019年6月17日(月)

コメダ、三菱商事と資本提携 海外強化目指す

小売り・外食
中部
2019/6/12 19:30
保存
共有
印刷
その他

「コメダ珈琲店」などを運営するコメダホールディングス三菱商事と資本・業務提携する。国内の全都道府県に店舗を構えたコメダにとって、今後の成長のためには海外市場の開拓が重要になる。三菱商事と組むことで、同社の持つ海外ネットワークを活用し、店舗拡大につなげる。

コメダHDは12日、6月下旬に保有する自己株式約9億円分を第三者割り当ての形で三菱商事に売却すると発表した。三菱商事の出資比率は0.95%となる。

調達した資金の一部はこれまで出店してこなかった国への試験出店や新業態の開発など事業領域の拡大に使う予定だ。コメダは現在、中国や台湾などに計7店(19年2月末時点)持つ。決済データなどを使った商品やサービスの開発でも両社は協力する方針だ。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報